電気代を節約できる省エネ機能

導入には多くのメリットがある

いつでも、おいしく安全な水を飲めるウォーターサーバーは一般家庭に導入されることも増えてきました。ウォーターサーバーを設置しておくと、ペットボトルの水を買う必要がなくなるので重い荷物を運ぶ手間もありませんし、ペットボトルの処分で悩むことがなくなるなど様々なメリットがあります。導入するにあたっては、毎月のコストがどれぐらい発生するのかも知っておきたいところです。業者ごとに違いはありますが、サーバーのレンタル料金は無料というところも多く、大きな出費では水の購入費があげられます。ウォーターサーバーはいつでも冷水・温水が利用できるのがメリットですが、快適に使うためには電源を入れっぱなしにしておく必要があります。それゆえ、電気代が高くなるのではと気にしている人もいるかもしれません。サーバーごとに差はありますが、電気代は1ヶ月あたり数百円~1000円程度といわれています。

節約機能を活用しよう

ウォーターサーバーを設置すると、それだけ電気代も増えますがその代わり温水を沸かし保温するための電気ポットが不要になるので、大きく電気代が上がるという心配はないといえます。さらに、ガスでお湯を沸かしている場合は、その分のガス代が浮くことになります。1ヶ月あたりの電気代の目安は選ぶサーバーによっても違いますので、導入する前に比較しておきたいところです。そして、ウォーターサーバーには節電機能がついているものも多く、それを活用すれば電気代はより抑えられることになります。節電機能には部屋が暗くなると節電モードに入るスリープモードや、温度の設置ができるエコモードなどがあります。日当たりの良い場所にサーバーを設置すると、水温が上がりやすくなり冷やすための電気代も多く発生します。節電のためには置き場所に工夫することも大切です。

自宅にウォーターサーバーがあればいつでもおいしい水が手軽に適温で飲めます。宅配水には天然水とRO水があり、RO水はろ過した水です。